FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1.  --/--/--(--) --:--:--|
  2.  スポンサー広告

  3.   トラックバック(-)|
  4.   コメント(-)

お問い合わせにつきまして

現在、お問い合わせにつきまして、一軒ずつのお返事をすることが難しい状況です。
発送状況につきましては、1月下旬発送(1月確認メール発送済み分)までが発送済みです。
確認メールがまだ届いていない方につきましては、発送準備中となります。

基本、1ヶ月以内の発送を心がけてはおりますが、今回2月下旬発送がずれ込んだ上、11日~17日までの間の、被災・避難-停電-陸路の崩壊、ガソリン不足によりまして、現時点に至るまで発送が滞っており、復旧の目処が今のところ立たない状況です。
(これにより、最大お待たせしている方で、お申し込みより2ヶ月以上もの遅延が発生している事になります。大変申し訳ございません)

幸い、DVDなどは比較的頑丈な場所に収納していた為、大きなダメージはありませんでした。
梱包資材などにつきましても、使用可能な状態でしたので、順次梱包作業を再開し、現在では発送準備までを完了しています。
ただ、現在ガソリンなどの補充が無く、都市機能他がほぼ麻痺した状態の為、発送そのものにつきましてはそちらの復旧以降となりますことご了承下さい。





追記で被災状況など。
写真含みますので苦手な方はご注意下さい。


被災直後の通勤路。悪夢が現実になった風景。
あらゆるところで陸路が崩壊し、陸の孤島(孤立地区)が多数発生。
DSCF1351.jpg

木造住宅や、鉄筋でも古いものや店舗などの崩壊をいくつも目撃。
徒歩で回れる近所もこんな状況で、避難所は鮨詰め状態。
水も電気も食料も、発電機を回す燃料の備蓄も少なく、避難生活はどんどんとジリ貧に。
DSCF1352.jpg

ガスが復旧する前は、手製のかまどで野外炊爨。
(後に、県内で被曝情報が出た為に停止)
暖房が無い状況で、葛湯をペットボトルに詰めた手製ゆたんぽは、緊急の際の命綱に。
DSCF1353.jpg

前回の大地震でも大きな被害を受けましたが、それから二年とおかずの大地震。
こういうものは本当に「いつくるのか」は分からないものなのだと痛感しています。

現在でも燃料不足や放射能情報の不足など不安はつきませんが、復旧も進んでいる様子。
事実、一枚目の写真の道路は、昨日はもう一部被災車両が撤去され、砕石の搬入が始まっていました。

燃料もそろそろ届くという噂。
そうすれば物資も届く筈で、寒さもひもじさもあと少しの我慢…!
だといいなぁと願う昨今です。

  1.  2011/03/19(土) 20:34:23|
  2.  ゲーム企画

  3.   トラックバック(-)|
  4.   コメント(-)
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。